〒220-0022 神奈川県横浜市西区花咲町6-143 横浜MIDベースアネックス2階

045-252-1188

Twitterアイコン

オンライン診療 WEB予約
MENU

予防接種|高島町しらゆり内科クリニック|横浜市高島町駅近くの内科、呼吸器内科

予防接種

Vaccination

Vaccination

予防接種(税込)

インフルエンザ
(2020年~2021年シーズン)

  1. 65歳以上の方
  2. 60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に1級相当の障害のある方
接種費用 無料
13歳―64歳 3,300円
3歳―12歳 1回目2,500円、
2回目2,000円

成人用肺炎球菌ワクチン予防接種(定期接種)

定期接種では、日常生活で起こる、肺炎の主な起因菌といわれる肺炎球菌に有効な23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)を使用します。ニューモバックスは、93種類に分類される肺炎球菌の型のうち病気を引き起こしやすい23種類の菌の型に効果があり、肺炎の罹患や重症化に対する予防効果が期待されます。

実施期間

2020年(令和2年)7月1日~2021年(令和3年)3月31日(休診日を除く)
(対象の方でも実施期間外の接種は本事業の対象となりませんのでご注意ください)

対象者

横浜市内に住民登録があり、過去に一度も23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがなく、次のいずれかに該当する方

  1. 2020年度に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
  2. 接種日時点で60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に1級相当の障害のある方

接種に必要なもの

当院で接種を受ける際は、以下のものをご持参ください。

  1. 予診票

    65歳以上の対象の方には、7月上旬~7月中旬にかけて個別通知にて郵送されていますので、そちらを持参してください。

  2. 住所・氏名・年齢を確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)

    60歳以上65歳未満の方は、身体障害者手帳や診断書、また障害の程度が確認できるもの

接種費用 3,000円

次のいずれかに該当する方は、所定の書類をご用意いただくことにより無料で接種(接種費用免除)を受けることができます。

  • ご本人を含む同じ世帯にいる方全員が市民税非課税の方
  • 生活保護を受けている方(生活扶助基準の見直しにより保護廃止となった方を含む)
  • 中国残留邦人等の方で、支援給付を受けている方

成人用肺炎球菌ワクチン予防接種(任意接種・自費)

23価成人用肺炎球菌ワクチン
(ニューモバックス)

過去に一回でも23価成人用肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)を接種された方の2回目以降の接種は任意接種となり、5年以上の間隔をおいて再接種することができます。ニューモバックスは5年間効果があるため、5年毎の接種を推奨します。また定期接種対象者以外の年齢の方も任意接種が可能です。

接種費用 8,000円

肺炎球菌結合型ワクチン
(プレベナー13)

プレベナー13は任意接種のみとなります。ニューモバックス初回接種1年後にプレベナー13を接種し、その4年後にニューモバックス2回目を接種します。1回目と2回目のニューモバックスの間隔は5年以上となります。
プレベナーは効果が長いため、接種は1回のみです。

接種費用 11,000円

水痘ワクチン予防接種
(帯状疱疹予防)

水痘は、いわゆる水ぼうそうのことで、水痘―帯状疱疹ウイルス(varicella-zoster virus : VZV)による感染症です。感染力が強く、5歳までに約80%の子供が罹るといわれています。小児では2014年10月より定期接種となり、接種率が上がってきているため患者数は減少傾向となり始めています。
VZVは水痘が治った後も神経節に長く潜伏しているため、加齢や免疫力の低下等でウイルスは再活性化し、その結果、神経支配領域の皮膚に帯状疱疹を発症します。基本的には抗ウイルス薬による治療をおこない、1週間程度の経過で治ることがほとんどですが、合併症を併発し、入院しなければならない方も少数ながらおられます。また帯状疱疹は治ったのに、その後神経痛だけが長年残り悩まされる方も約20%おられます。

高齢者では神経痛が残りやすく、発症の予防が重要です。

帯状疱疹の発症予防や重症化を抑えるために水痘ワクチンの予防接種があります。

帯状疱疹の予防接種の対象年齢は50歳以上です。

水痘ワクチンは日本で開発された生ワクチンです。弱毒化されたVZVのoka株を培養増殖し精製・乾燥したものです。WHOもoka株が水痘ワクチン株として最も望ましいと認めており、米国でも小児の定期接種に用いられています。

接種費用 8,000円

帯状疱疹.jp

その他

・こどもの定期予防接種(4種混合、ポリオ、小児用肺炎球菌、ヒブ、日本脳炎1期、麻しん風しん、B型肝炎、水痘、ロタウイルス)

・日本脳炎2期

・子宮頸がん予防

・横浜市風しん対策(抗体検査、予防接種)事業(第5期定期接種)

上記定期予防接種も実施しています。

おたふくかぜワクチン予防接種(自費・任意接種)

接種費用 5,000円

予防接種費用は納入価格に応じて変動します。